スポンサードリンク



社員が自ら業務システムを作れるメリットとは?

業務システムを自分で開発できるメリットを考えてみましょう。

もし今いる社員が、プログラミングやデータベースの知識を習得し、
業務システムを社内で開発できるようになると、

数十万円~数百万円以上の価値があります。

なぜなら、外部のソフトウェア開発会社に外注すると、それくらいの費用はかかるからです。

しかも外部に発注した場合、
「せっかく作ったのに使わないシステム」になる可能性もあります。

実際に私も、導入したけれど使われていない業務システムを、いくつも見てきました。

原因はいろいろあります。
・業務の流れを相手に伝え切れなかった。
・ソフトウェア開発会社の理解不足。
・業務システムが使い難い。
など。

他の原因も考えられます。

どちらにしても、とてももったいない話ですよね。

もし社員自らが業務システムを作れるなら、そのようなムダは無くなるはずです。

社員は会社の業務を熟知しているので、実際に使いやすいシステムになるからです。

社内で作れるなら、カスタマイズも自由自在です。

それに社員の技術力、ビジネスの成長、環境の変化に合わせて、すぐに改良ができます。

最初は最低限の機能から使い始めて、あとから機能を追加することも可能です。

業務システムを育てていくようなイメージです。

外注すると、簡単には改良できません。

また自分で作った業務システムには、愛着が湧くので、社員は積極的に使いたくなります。

だから使われないシステムにはなりません。

最大のメリットは、社員が作るならほとんどタダ、無料で業務システムが導入できることです。

もちろんシステム開発中の社員の人件費はかかりますが。

さらに一度作れるようになると、様々な業務システムを思いつくので、全体の業務が効率化します。

普通は「こんなシステムがあれば、仕事が効率的なのに」と思いついても、
コストや予算の問題で、なかなか実現できません。

でも自分で業務システムを作れるなら、いくつ作ってもタダなんです。

スポンサードリンク






業務システム開発初心者入門 TOPへ