スポンサードリンク



クラウドで業務システムが簡単に同期できるかも。

業務システムクラウドで作りやすくなりました。

今回は業務システムをクラウドで同期することで、
もしかしたら、作りやすくなるかもというアイデアについてです。

セキュリティー対策や情報漏洩の問題は、とりあえず置いておいて、
単なるアイデアとしてお読みください。

クラウドで業務システムというと、
Salesforce(セールスフォース)で顧客管理や営業支援というのが、パッと浮かぶイメージです。

またはOracleやMySQLなどのリレーショナルデータベースをサーバー上に構築して、みたいな本格的な運用も選択肢としてはあるでしょう。

でも今回はもっと簡単なアイデアです。

これはだいぶ前に、実際に私が低予算の業務システムを開発した時の話です。

予算が少ないので、既に顧客のパソコンにインストールされていたAccessを使うことにしました。

しかし、顧客は数か所の営業所で同期された情報を共有したいとのこと。

当時はまだクラウド普及していませんでしたから、

苦肉の策として、プログラムで自社サーバーにファイルをアップロードするようにしました。

利用する側は業務システムを起動する時に、自動的にダウンロードすることにしたのです。

あとはフラグを立てることで、誰か一人だけが編集できるようにプログラミングしておけば、なんとかデータを同期できますしね。

とりあえず、対応策を講じてはいたわけです。

でも実際の運用では、それほど心配する必要はなかったです。

普段から社員同士でよく連絡しあうので、
今、誰がシステムを利用しているか、すぐ分かるからです。

だから何も問題は起きませんでした。

その業務システムは、確か数年間は運用されていたようですが、大丈夫でした。

もう付き合いが無いので、今も使っているかは不明ですがw

でも今考えると、もっと簡単にできたと思います。

何故なら、今はDropbox(ドロップボックス)のようなクラウドの普及で、
ファイル共有が簡単になっているからです。

パソコンを起動する時に、常にバックグラウンドでクラウドアプリを起動しておけば、勝手に同期してくれますから。

本当にデータベースのファイルでもクラウドで同期できるのか?

実際の運用では試したことがないので、アイデアレベルの話なのですが。

スポンサードリンク






業務システム開発初心者入門 TOPへ