スポンサードリンク



社員にプログラミングに親しんでもらう。

業務システムを開発することになる社員に、まずはプログラミングに親しんでもらうことから始めましょう。

いよいよITネイティブ世代が、社会人になりはじめています。

彼らはパソコンやスマートフォンは、楽々使いこなせます。

既存のソフトウェアは、初めてでもマニュアルを読まずに、感覚だけで使えます。

しかし流石のITネイティブ世代も、プログラミング経験者は、まだまだ少ないのが現状です。

他者が作ったものを使うのは得意だけれど、
欲しいものを自分で作るというレベルには達していません。

もし社内にプログラミング経験者、できれば業務システム開発経験者がいれば、その人が担当になればスムーズに進むことでしょう。

でもそう都合よく会社に人材がいるわけではないですよねw

特に中小企業は人材不足になりがちだし。

いるならその社員は本当の人財ですw
大切にしましょう。

ということで、普通は社員の誰かに開発を担当してもらうことになります。

社員の立場からすると、仕事とはいえ、

いきなり上司から「プログラマーになれ」と言われても、
まったくのプログラミング未経験者なら、きっと戸惑うでしょう。

プログラミングとはどういうものか?
体験してもらう、親しんでもらうことが先決なのです。

そこで、たぶん日本一簡単なプログラミング入門講座を紹介します。

私が作っているのですがw
VBScript初心者入門講座
必要なのは、Windowsパソコンだけです。

まったく何の準備も無しに、たった数分後には最初のプログラムが書けますよ。

そしてすぐにプログラムを実行することができます。

実はプログラミングって、予想以上に簡単に始められるんです。

どんな初心者でも、「これなら私でもできそう!」と感じるはずです。

きっと数時間もあれば、とりあえずはプログラミング経験者になれます。

あまりにも簡単なので、最初からプログラミングの楽しさが体感できます。

しかもアイデアとちょっとした応用で、仕事に使えるアプリが作れます。

「プログラミングって難しそう」という固定概念を払拭することから始めましょう。

スポンサードリンク






業務システム開発初心者入門 TOPへ