スポンサードリンク



自作に向いている業務システムとは?

業務システムを初めて自作する時には、
向いているものと、向いていないものがあります。

初めてシステム開発するのですから、当然バグやエラーが出ることが考えられます。

そのため、ミスやトラブルが起きても、修正するまでに時間が取れるもの(もらえるもの)をおすすめします。

つまり、運用があまりシビアな条件じゃない(厳しくない)、業務システムが良いという意味です。

例えば、顧客管理ソフトでデータを抽出して、宛先を印刷する場合、
もしトラブルが起きても、修正する時間は十分確保できるはずです。

社員の時間はロスしますが、
社内だけの影響なら、「ごめんなさい」で済みます(笑)

特に同じ部署内だけなら、まず問題になりません。

原因を調べ、プログラムを修正してから、また作業を再開すれば、きっと大丈夫なはずです。

社員が新しいことに挑戦するわけですから、それくらいのミスは許してくれる社風でありたいものですw

それに対し、ポスレジ(POSレジスター)などは、リアルタイムでの稼動で、しかもトラブルが許されませんので、NGです。

絶対にお客様を待たせるわけにはいかないからです。

計算ミスも起こってはなりません。

実はポスレジをストップすることなく、トラブル無く運用するのは、専門のソフトウェア開発会社でも、難しい分野です。

したがってプログラミング初心者は、避けたほうが良いでしょう。

プログラミング学習の教材としては大丈夫ですが。

販売管理ソフトは、リアルタイムじゃないものならOKです。

修正する時間はあるはずですから。

このように、初めて業務システムを開発する場合は、運用する際の条件が、厳しいものなのかどうかも含めて、検討すると良いでしょう。

いきなり難しいことに挑戦して、挫折しないようにしてくださいね。

システム開発に少しは自信をつけてから、実績を出してから、より難しいものに挑戦することをおすすめします。

スポンサードリンク






業務システム開発初心者入門 TOPへ