スポンサードリンク



業務システムの導入で、絶対に失敗しない方法とは?

業務システム導入する時に、絶対に失敗しない方法、コツがあります。

まず、業務システムの開発には、最低でも以下の二つの知識が必要です。
・会社の業務に関する知識。
・プログラミングやデータベースに関する知識。

ということは、
社員側がプログラミングやデータベースに詳しくなるか、
開発者が会社の業務に詳しくなるか、
のどちらかです。

普通は後者です。

一般的な会社員では、技術的な知識が無いので、外部のソフトウェア開発会社に、システム開発を外注することになります。

でも地方の中小企業の場合、システム開発を、
誰に頼んだらいいのか、どこに発注すればよいのか、わからないこともありますよね。

また、業務システムの導入に失敗するケースも多いです。

ソフトウェア開発会社にちゃんと意志が伝わらなくて、満足のいく仕上がりにならなかったとか、せっかく導入したのに、使われなくなることとか。

そんな失敗を避けるには・・・

ズバリ!業務システムを自分で作る、社内で作ることです。

もし両方の知識に精通する人がいれば、
業務システムの導入で失敗することは、かなり少なくなるはずです。

それなら社員が自分で作ったほうが近道です。

社員が自分で作れば、カスタマイズ(改良)は自由自在です。

自分で作った業務システムには愛着が湧くし、想いいれも強いので、使われる可能性が高くなります。

社内で自作すると、業務とシステムの両方がわかる人材が育つメリットもあります。

もし、作ったシステムが十分に使えるなら、そのまま使い続けることができます。

システムの規模やセキュリティー面で問題が出てきた、全社的に導入したいという段階で、プロのソフトウェア開発会社へ外注する道もあります。

その頃には、社員がプログラミングやデータベースに詳しくなっているので、やりたいことを明確に伝えられます。

それにもうプロトタイプ(試作)が出来ているので、直接見てもらえば、相手に確実に伝わります。

あとは、プロのソフトウェア開発会社の視点で、いろいろ提案もいただけるでしょうから、ますます良いシステムに成長するはずです。

ここまで来ると、業務システムが使われなくなる可能性は、非常に低いでしょう。

スポンサードリンク






業務システム開発初心者入門 TOPへ